6V電装車でもUSB給電したい!

先週日曜は楽しんできました。
朝5:30に車に自転車積んで出発して、54km漕いでからまた車で帰りました。車の走行距離は310km、帰宅時間22時とよくまあ途中居眠りこいて事故らなかったと思います。若いわあ。

さてさて、そんなことをした次の日。



TS50につけようと思っていたブツが届いていたのでまたいつものところで道具をお借りして作業しました。






ニューイング(NEWING) USBステーション・シングル2 NS-004 NS-004
ニューイング(NEWING)
売り上げランキング: 2,095







ブツはこれ。こいつを取り付けます。電子機器に頼りっぱなしの現代でツーリングするには必須だと思って買いました。
これは12V電装を積んだバイク専用の品ですが、原付で旧車なTS50は6V電装なので、普通は付いても使えないはずですが、カブでやっている前例を見つけたので自己責任でやってみることにしました。






00.jpg






まず、USBステーション側のY型端子をギボシ端子に替えます。恥ずかしながら電工ペンチを使ったのが初めてで、もちろんギボシ端子をカシメたのも初めてなので時間がかかりました。






02.jpg







はい。慣れたら簡単で楽しいですね。端子カバーがメス用の長いものを間違えてつけていたのは後で直しました。



次に、電源を取る場所をバッテリーから直で取ることにしたのでバッテリーから分岐させる線も作っちゃいます。






01.jpg







ここまで来たらパパっと出来ました。線の色を合わせるのを忘れずに。

あとは






03.jpg







バッテリーに繋いで、配線をシート下→タンク下→ヘッドライトの裏にまわしてハンドルクランプに本体を取り付けて・・・






04.jpg






できました。

きちんと充電できています。6V電装車でもUSB給電可能でした。

しかしエンジンがそこそこの回転数を保っている時でないと充電できないようです。テスターで電圧を測って調べたところ7.5V以上必要なのかな?

よくわかりませんが、これからレギュレーターが飛んだり、バッテリー上がりの無いように使っていきたいです。
これでロングツーリングの懸念点が減った・・・。



納車一年経過して初めて改造(改良)したのは秘密。いままで破壊行為しかしてなかった・・・




追記

やっぱりバッテリー上がっちゃうんでバッテリー直から取らないでアクセサリーから取るべきですね。きっと何かしら検索してこの記事にたどり着いた諸兄の皆様方はそりゃそうだろっていうツッコミを入れてくれるでしょう。そりゃそうだった!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント